ドンキのCBDシーシャブームとチラクシーの秘密

ドンキのCBDシーシャブームとチラクシーの秘密

シーシャにCBDを加えることで、新しいリラックス方法が生まれました。簡単に言うと、CBDが含まれたフレーバーを加熱し、出てきた煙を楽しむんです。さらに、その煙を吸うことでCBDが体内に吸収され、全身をリラックスさせてくれるんですよ。

CBDって名前は良く耳にするかと思います。実は『カンナビジオール』の略で、大麻の天然成分の一つ。でも心配しないでください。日本で販売されるCBDは合法で、成瘾性や強い精神作用はありません。むしろ、健康や美容業界で注目されているんです。わたし自身もCBDシーシャを試して、睡眠の質が向上したり、心が穏やかになったりする効果を実感しました。

シーシャもCBDも、リラックス効果が期待できるんです。両方の魅力を組み合わせれば、日常の疲れをしっかりと癒してくれること間違いなし。気になる方、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

ドンキのCBDシーシャブームと成分規制

ドンキホーテの店舗を訪れたことがある方なら、あの人気の「GRASS BEAUTE(グラスボーテ)」のシーシャ製品ラインナップに気づいたことでしょう。オイル、グミ、バターコーヒーなど、バラエティに富んだCBD製品を誇る彼らは、特に「持ち運びシーシャポッドCBD10%」で多くのファンを魅了しています。手軽に取り入れられるのが魅力で、ミニサイズだからどこへでも持って行けるのです。

ところが、最近の成分規制により、一部のCBD製品が販売停止に。2023910日に施行された新たな省令により、特定のTHC系物質群が「指定薬物」とされ、製造から販売までが禁止されることになりました。これには、THC-VTHC-Pなどが含まれます。CBD製品をお持ちの方、内容物をしっかり確認し、必要があれば廃棄をお忘れなく。

ドンキでの人気理由は簡単。シーシャの体験がVape本体不要で、そのまま楽しめるから。ただ、少し値段は張るかもしれませんが、その価値はあると思います。

ドンキで見かけない、チラクシーの隠れた魅力!

ドンキでのシーシャ販売停止後、注目を集めているのが「チラクシー」の使い捨てPOD。特に、マウイワウイフレーバーは、ハワイの伝統的なサティバ種の香りを再現した、まさにトロピカルな体験を提供します。吸い込むと、パイナップルとマンゴーが絶妙に混ざり合った濃厚な甘さに、スパイシーなペッパーの香りがアクセントとして効いています。このフレーバー、まるで休暇先のビーチでのんびりと過ごしているような気分になれるんです。

しかも、このPODにはCBDだけでなく、HHCHCBNCBGといったカンナビノイドが豊富に配合されています。これらの成分は、自分を活発にしたい時や、集中を深めたい時、またはクリエイティブな感覚を求める場面での使用がおすすめ。さらに、内容量は0.3mlで、カンナビノイド総量は270mgと、強力なリラックス効果が期待できます。

使い方もシンプル。マウスピースを吸引するだけで起動し、すぐに楽しむことができます。そして、日本製で品質も確保されているため、安心して使用できるのも嬉しいポイントです。

ちなみに、このPODのオススメのシーンは、リラックスしたいときや、気分を上げたいとき。特に、ストレスフルな日々を過ごしている方や、新しいアイデアが欲しいと思っているクリエイターの方には、このチラクシーの使い捨てPODは絶対のおすすめですよ。

人気製品、コスパはどう?

使い捨てシーシャの世界は、驚くほど多種多様。でも、いつも心の中でひとつの疑問が浮かび上がることでしょう。「コスパはどう?」と。わたしもそう思います。そこで、話題の製品をピックアップして、簡潔に比較してみました。

REGRA CBD SHISHA

価格: ¥1,438(税込み)

リキッド容量: 1.0

– CBD含有量: 3%(30mg)

一方、GRASS BEAUTEのシーシャポッドは、CBD濃度が10%と非常に高いのが特徴。ただ、価格情報は現在確認できません。

そして、注目の「チラクシー」の使い捨てPOD

価格: ¥3,960 (税込)

内容量: 0.3ml

カンナビノイド量: 270mg

特に目を引くのは、カンナビノイド濃度が90%以上という点。この数字だけ見れば、他の製品とは一線を画しています。

さて、チラクシーの価格は高めですが、その中身の質や濃度を考慮すれば、決して高くはないと感じるはずではないでしょうか?また、使い勝手やフレーバーなど、価格だけで選ぶのではなく、総合的な満足度を追求するのも一つの方法ですね。

最後に、安心して選ぶための魅力的なポイント

CBD製品を選ぶ際、リキッドの濃度や成分は重要な決定要因です。特に、『ブロードフルスペクトラム』タイプは、さまざまなテルペン成分との「アントラ―ジュ効果」をもつことで注目されています。この効果は、各成分が相乗して作用することで、より効果的な結果をもたらすことが期待されます。CBDの濃度による実感の違いも魅力的。例えば、低濃度(~10%未満)のリキッドは、さっと一息つく時にピッタリ。中濃度(10%~30%)のものは、朝のリフレッシュや休憩時間のリラックスに。そして、高濃度(30%以上)の製品は、深くリラックスしたい時や、疲労やストレスの緩和に最適です。

わたしの注目する「チラクシー」は、カンナビノイド濃度が驚異の90%以上を誇ります。この中には、HHCH 10.5%CBD 52.3%などが含まれ、しかも¥3,960(税込)という価格で提供されています。国内製造で品質も保証されており、安心して取り入れられる一品です。締めくくりとして、CBD製品選びは、自分のニーズや期待する効果に合わせて検討することが大切です。チラクシーのような高品質な製品を知ることで、より充実したCBDライフを楽しめることでしょう。

 

関連:HHC規制後でも揺るがぬ体感!チラクシーの安全性を再確認した話

 

(Visited 20 times, 1 visits today)

チラクシーカテゴリの最新記事