HHCHはドンキで買える?CBDとの違い、日本での購入先まとめ

HHCHはドンキで買える?CBDとの違い、日本での購入先まとめ

今度はHHCHについての新しい話題を取り上げていきます。さて、「HHCHはドンキに売ってない」という情報について、みんな興味津々でしょう??一体どこで手に入れられるのか、そしてなぜドン・キホーテでは売っていないのか。記事で明らかにしていきますよー。なお、HHCHを購入する際の信頼できる場所としては、チラクシー公式サイトがおすすめです。それでは、詳しく解説していこう!

HHCHがドンキに売っていない理由

「HHCHはドンキで手に入らないの?」と疑問に思っている方も多いはず。その理由はいくつか考えられるが、一番の要因はこのカンナビノイドのレア度と規制状況にある。HHCHは比較的新しいカンナビノイドで、規制されるまでの時間が短く、そのため大手小売店での取り扱いがないのだ。

特にCBD以上のレアなカンナビノイド系は、規制されるまでの時間があまりにも短いため、多くの店舗はリスクを避けて取り扱いを控えている。この点で、ドン・キホーテも例外ではなく、安全と確実性を考慮してHHCHの取り扱いがないのである。

ですので、HHCHを手に入れたい場合は、チラクシー公式サイトがおすすめです。こちらは信頼性が高く、最新のカンナビノイド製品を提供しています。

とはいえドンキでゲットできるCBDグミ&リキッド、あんまりオススメはできない…

今日のテーマは、大人気のドン・キホーテで手に入るCBDグミとCBDヴェイプリキッド。レビューしてみます!実際に吸ってみてのレビューです。皆さんの参考になれば嬉しいでーす。

1. CBDって何?

CBD(Cannabidiol、カンナビジオール)は、大麻(ヘンプ)から抽出される成分で、精神作用や中毒性がないことで知られています。ストレス緩和、疼痛の軽減、睡眠の質向上など、多くの健康効果が報告されており、全世界で注目を集めています。

2. CBDの合法性

日本では大麻は法律で禁止されていますが、CBDは合法的に販売されています。これは、CBDが大麻草の成熟した茎や種子から抽出される成分であるため、大麻取締法に抵触しないからです。

3. CBDとTHCの違い

大麻には多数のカンナビノイドが含まれていますが、その中でも特に注目されるのがCBDとTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。THCは「ハイ」になる作用があり、日本で麻薬に指定されていますが、CBDはそのような作用がなく、合法です。

4. ドンキで買えるCBDリキッド、評価は?

さっそくですが、ドンキで手に入るCBDリキッド、レビューしていきます。短く言うと、残念ながらおすすめできるものはありません…詳細なおすすめリキッドは、以下で紹介します。

プラスウィード(+WEED)

ボブ・サップが顔となっている有名なCBDブランド、プラスウィード。過去にはアフィリエイト広告も多数、個人的には品質よりも宣伝に力を入れているブランドだと感じています。特に、3ヶ月の定期購入制度があり、これがメルカリなどでよく転売されています。

内容:

  • 容量:10ml
  • タイプ:510規格対応ヴェポライザー&アトマイザー必要
  • 濃度:10%
  • CBD含有量:1,000mg
  • 価格:16,390円
  • 単価:16.4円/mg
  • CBD原料:アイソレート
  • フレーバー:ハーブ、ピーチシャンパン
  • その他:MCTオイル、PG、VG使用不明

総評:

  • 味:★★☆☆☆
  • CBD感:★★★☆☆
  • コスパ:★★★★☆

HHCHとCBDの違いは?

HHCHとCBDは両方ともカンナビノイド成分ですが、その特性や法的な取り扱い、そして主に期待される効果に違いがあります。CBDはストレス緩和や疼痛の軽減など多くの健康効果が報告されていますが、HHCHはさらにレアな成分であり、一般的な取り扱いが少ないことが特徴です。

 

追記:「武蔵野原っぱ祭におけるHHCHグミの配布問題:規制強化への影響」

2023年11月、武蔵野原っぱ祭で起きたHHCHグミの無責任な配布は、規制強化に向けた重要な転換点となりました。この事件で、説明なしに配られたエディブル・グミを摂取した人々が健康上の不調を訴える事態が発生し、HHCH製品に対する規制を加速させる要因となりました。この出来事は、カンナビノイド製品、特にエディブルの使用に伴うリスクを明らかにしました。過剰摂取や精神的な苦痛といったリスクが問題となっています。製品の安全性を確保し、責任を持って販売することが、事業者にはより強く求められています。

製品開発段階での誤用や悪用防止対策の必要性を示しています。摂取量の明確化や識別しやすい色への着色など、様々な対策が考えられます。今後、業界はこの事件を教訓に、製品の安全性を高める開発と販売に注力することが期待されます。レア系カンナビノイド製品の規制と使用方法について、深く反省し検討する必要があります。事業者は、製品が公共の福祉にどのように貢献するかを示すことが重要です。安全で責任あるアプローチを通じて、業界が健全に発展することを目指すべきです。

最新のカンナビノイドはチラクシー公式サイトで

HHCHの詳細や最新情報については、チラクシー公式サイトをご覧ください。法的な規制も変わる可能性があるため、常に最新の情報をチェックしておくことをおすすめします。

 

実際のチラクシー体験談は別の記事でまとめてますのでご参考にどうぞ。

 

HHCHリキッドのおすすめ比較はこちら(当サイトトップページ)

 

(Visited 583 times, 1 visits today)

HHCP(合法)カテゴリの最新記事