THCBとの違いは?キマる効果がすごいカンナビノイドの秘密

THCBとの違いは?キマる効果がすごいカンナビノイドの秘密

日本ではTHCが法的にダメだって知ってましたか?でも、THCとほぼ同じような効果があるものが実はあるんですよ。それがTHCBなんです。2019年にイタリアの研究者たちが発表した結果によれば、THCBはTHCよりもかなりパワフルな効果があるみたいです。しかも、日本ではまだ規制されていないから、全然OKで使えます。

この記事では、THCB、HHCH、そしてTHCHといったカンナビノイドが一体何なのか、それぞれが他のカンナビノイドと何が違うのか、どんな効果が期待できるのか、そして日本でどこで購入できるのかについてお話します。これらのカンナビノイドに興味が少しでもあれば、ぜひ最後までお読みください。

2023年8月31日のお知らせ:
今月、THCHが規制されちゃいました。次にブームになりそうな「HHCH」についても、自分たちで試してみて比べていますよ。

【重要なお知らせ】THCV、THCB、THCJDの規制情報
厚生労働省が2023年8月31日にTHCV、THCB、THCJDを「指定薬物」と明示した省令を発表しました。この省令は、発表日から10日後の2023年9月10日から実施される予定です。実施後、これらの成分を含む製品は、医療用途以外での製造、輸入、販売、保管、使用が禁じられます。

当サイトをご利用の皆様へ、省令施行前の9月9日までに該当する製品を破棄するよう強くお勧めします。

現在合法であり、私個人も愛用しているHHCHに関する記事は「HHCHとは?」でご覧いただけます。

THCHとTHCB、どっちがどう違うの?

THCHとTHCB、この二つの違いはこんな感じです。

  • THCHはTHCBよりも強い
  • THCH、2023年8月に規制された
  • まだまだ知られていないことが多い

THCHがTHCBよりパワフルって本当?

実はTHCHは、THCBよりも約25倍も高い親和性を持っているんです。つまり、THCHは頭の中で起きる反応がTHCBよりも強烈。だから、よりパワフルな効果があります。

研究者たちが小動物にTHCHを与えてみたら、THCが人に与える影響とほぼ一緒だったんです。痛みが減ったり、反応速度が遅くなったり、ぐっすり眠れたりといった効果があるんですよ。

どうですか、面白いでしょ?でも、まだ続きがありますよ。

THCBって何?成分から働きまで、ちょっと掘り下げてみよう

THCB、その正式な名前はテトラヒドロカンナビブトールです。2019年にイタリアの科学者クルーが発表した新しいカンナビノイドなんです。大麻に含まれるいろんな成分の一つで、私たちの体のエンドカンナビノイドシステムとも対話します。

THCBはTHCによく似ていますが、ちょっとだけ原子が違うんですよ。この小さな違いが、THCBの働きや特性に大きな影響を与えています。

科学者たちは小動物にTHCBを試したところ、THCが人にもたらす効果と同じような結果が出たんです。痛みが和らいだり、反応速度が遅くなったり、しっかり眠れるようになったり。

THCBは、人のエンドカンナビノイドシステムと同じようにTHCと対話します。しかも、脳にあるCB1とCB2という受容体に作用するんですが、親和性がTHCよりも約13倍も高い!要するに、THCBはTHCよりも強力に脳内で働くんですよ。

いかがですか、興味深いでしょ?まだ続きがありますよ。

THCBの魅力ポイント:質の良い睡眠からストレス解消まで

THCBはかなりパワフルなカンナビノイドで、次のようないくつかの特徴や効果がありますよ。

  • しっかりとした睡眠
  • 幸福感と興奮
  • 気持ちのリラックス
  • THCよりも倍以上のパワー
  • 日本では今のところ合法

しっかりとした睡眠

THCBは睡眠にポジティブな効果があるんです。特に、寝つきが悪い人にとっては入眠時間が短くなる可能性があります。更に、レム睡眠やノンレム睡眠が深まることで、睡眠の質自体が向上するとされています3

幸福感と興奮

THCBは精神を活性化させる効果があるので、気分が高揚したり、幸福感を感じたりすることができます。ストレスや不安を緩和することも期待できるんですよ4

気持ちのリラックス

THCBには、心地よいリラックス効果もあります。筋肉の緊張や神経の緊張を解く効果があり、心と体を穏やかにすることができます。さらに、痛みや炎症の軽減も期待されています。

THCよりも倍以上のパワー

THCBは、THCよりも親和性が約2倍高いです。言い換えると、同じ量でもTHCBの方がはるかに強力な効果を得られます。特に初めての人や、まだ耐性がない人は注意して、少量から試してみてください。

日本では今のところ合法

2023年5月時点で、日本の大麻取締法ではTHCとCBDだけが規制されています。ですから、今はTHCBも日本で合法的に使えます。ただし、将来的に規制がかかる可能性もありますから、その点は注意が必要です。

いかがでしょう、THCBについてもっと知りたくなりましたか?これで記事の終わりです。

THCBの使いどころと気をつけたいポイント

さて、次に「THCBの使いどころと気をつけたいポイント」について見ていきましょう。

  • 日々の生活での使い道
  • スポーツやエクササイズでの活躍
  • 良質な睡眠への一歩
  • THCBを使うときのガイドライン
  • 妊娠や授乳中の方への影響

日々の生活での使い道

THCBは日常生活でさまざまな場面で利用できます。特に、ストレスや疲れが溜まっているとき、少量のTHCBで心地よいリラックス感が得られるかもしれません。

スポーツやエクササイズでの活躍

運動後の筋肉痛や疲労感を和らげたいなら、THCBの抗炎症効果が役立つことでしょう。

良質な睡眠への一歩

睡眠の質を向上させたい場合、THCBは深い睡眠を促す効果があります。寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚めるといった問題も、THCBで改善される可能性があります。

THCBを使うときのガイドライン

初めてTHCBを使う場合、または耐性が低い方は、まずは少量から始めて様子を見ることが重要です。副作用の報告はまだ少ないですが、過剰摂取は避けましょう。

妊娠や授乳中の方への影響

妊娠や授乳中の方がTHCBを使用する場合のデータは非常に限られています。そのため、医師と相談することが非常に重要です。

以上がTHCBの利用シーンと注意点です。使い方一つで多くのメリットがありますが、同時に慎重な取り扱いが求められる成分でもあります。興味がある方は、この情報を参考にしてみてください。

限定商品:THCB40%濃度:2023年9月1日から6日間!

本日1日より、チラクシーの限定商品「マウイワウイ」の販売が始まりました。このリキッドはTHCBを40%配合しており、その他にもCBDや麻由来の成分、テルペンが含まれています。

【限定商品「マウイワウイ」詳細】

・カンナビノイド成分:THCB 40.0%、CBDおよびその他の麻抽出物 52.0%、テルペン 8.0%
・容量:1ml×1本、または1ml×5本のセット
・フレーバー:トロピカルなフルーツ、特にパイナップルとマンゴーの豊かな混合、微かにペッパーの香りも
・価格:1本 9,900円、5本セット 38,500円(1本あたり7,700円)

商品は9月1日から、チラクシーの各店舗でも購入可能です。
商品の詳細は[こちらの商品ページ]でご確認いただけます。

THCB(規制予定)とHHCH(合法)の違い

THCBとHHCHは日本でも合法的に使用できるカンナビノイドですが、いくつかの重要な違いがあります。以下に主な違いをまとめます。

– **レクリエーション感**: HHCHの方がTHCBよりもレクリエーション感が強いとされています。

– **規制の可能性**: THCBは精神作用が弱いため、将来的に規制されにくい可能性があります。追記:予想が外れ規制対象となりました。登場してから随分経っていますから

– **精神活性効果**: 両者ともにカンナビノイド受容体に作用するが、THCBは精神作用が比較的弱い。

THCBとHHCHの違いを考慮すると、HHCHの方がレクリエーション感が強いです。次に、規制されたTHCHと現在合法のHHCHについて比較します。

HHCH(合法)とTHCH(違法)の違い

ヘンプ界隈で話題のHHCHとTHCHですが、これら二つのカンナビノイドはどう違うのでしょうか。

1. **親和性の違い**: HHCHは、THCHよりも低い親和性を持つとされています。これにより、HHCHの精神活性効果はTHCHよりも緩やかです。
2. **日本における法的ステータス**: 両者とも日本では合法ですが、規制の状況は変わる可能性があります。
3. **医療的利用**: THCHは痛みや炎症に対する効果が研究されていますが、HHCHの医療的な利用はまだ十分に理解されていない。

関連:HHCHとTHCHの違いは何ですか?新時代カンナビノイドの謎を解き明かす

注目成分「HHCH」の特性と効果

HHCHは、痛みや炎症を和らげる効果があると一部の研究で指摘されています。また、リラックスや安眠効果も報告されていますが、全体としてはデータが少ないのが現状です。

「HHCH」は選ぶべき?

レクリエーション感がTHCBよりも強く、より強烈な体験を求める方には最適。カンナビノイド全体で一択でしょう。ただし、その強烈な効果から規制の対象になる可能性も高いです。(著者は2024年の7月と予想)。逆にTHCBは精神作用が弱いため、規制されにくいと予想していました。精神作用の強弱ではなく、市場に出回ってからどれくらい経っているのか、というのが規制対象の条件だと予想しています。したがって、安全性を重視する場合はCBDなどの昔ながらの成分が良い選択でしょう。

それでも、今のうちにHHCHの体験をしておきたい方は、

HHCHリキッドのランキングページ

レビューページ

チラクシーの公式サイトで詳細を確認してください。

まとめ

この記事では、THCBとHHCH、さらにはTHCHといったカンナビノイドについて詳しく解説しました。THCBはTHCよりも精神活性効果が低いとされ、日本では合法的に利用できます。一方で、HHCHとTHCHはそれぞれの特性と効果、法的状況についても触れました。

これらのカンナビノイドには副作用や危険性も存在するため、注意が必要です。特に初心者や耐性が低い方は、少量から始めて効果を確認することが推奨されます。

最後に、日本国内で購入できるおすすめのショップも紹介しました。これらのショップは信頼性が高く、多様な商品を取り揃えています。自分のニーズに合わせて選ぶことが重要です。

以上が、THCB、HHCH、そしてTHCHについての記事でした。この情報が皆さんの参考になれば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

THCH、HHCHは合法。THCHは違法です。お間違えなく。

追記:THCBも規制されました。ご注意。

 

(Visited 3,997 times, 1 visits today)

規制済み成分:いつから違法?カテゴリの最新記事